Please reload

最新記事

Infinity広報担当からのお知らせです。

平素はブログ、ホームページをご覧頂きありがとうございます。

ご覧頂いているお客様にもご存じの通り

サービス開始から結月みおは日々、皆様の「本当の幸せに貢献」すべく

日々学びを怠ること無く進化、深化を続け

エネルギーワークにおきましては

皆様お一人お一人に合ったより効...

「自分にはどのワークが必要ですか?」そんなあなたのお悩みを解決します。

August 3, 2018

1/1
Please reload

特集記事

長男と私の卒業式

July 18, 2018

こんばんは、

W不倫から1年で彼と一緒になったカウンセラー、結月みおです。

 

今日は高校生の長男の卒業式でした。


 

なんだか色々感じた事があったので、正直に書いてみようと思います。




私は、21才の時に長男を産みました。

生まれた時は、それはそれは嬉しくて、未来の希望がいっぱいでした。

でも、結婚したから幸せ、子供が生まれたから幸せ、じゃなかったんです。

 

若い私は、きっと、

 

「結婚したから幸せ、

子供を持ったら、幸せなんだ」

 

と、信じてたんだと思います。


でも、子供が生まれた後、子育てが辛すぎて、育児ノイローゼになりました。

 

 

気持ちにまったく余裕もなく、毎日が悲しく泣き続けていました。

子供を愛せない自分を責め続けていました。

 

 

その時の旦那さんは仕事が忙しく、ほとんど一人で家事も育児もこなしました。

 

結婚する時、義理の両親に、

 

「若いから結婚なんて早すぎる」

 

などと、グチグチ言われたので、しっかりしている所を見せたくて、実家にもほとんど頼らず一人で子育てをやりました。

 

心から話せる友人も近くには居なかったので、毎日が孤独でした。

ママ友も、年齢が離れていて、子供を生きがいのようにしている人たちばかりで、自分とは考え方が違うように感じました。

 

そんな悶々とした毎日を過ごしながら、なんとか理性だけは壊れなかったので、子供を虐待することもなく、1年経ちました。

 

1年が経った頃、さすがに精神的にキツくなった私は、子供を託児所に預け、週に3日パートで働くことに決めました。

そうでもしないと、本当に自分が壊れてしまいそうだったから。

 

自分が壊れたら、子供に手をあげてしまうかもしれないし、失踪してしまいそうだったから。

 

とはいえ、都内で1才の子供を預けるには、市内の託児所はどこもいっぱいだったので、隣の市までバスで通いました。

民間の託児所だったので保育料も高く、私のパート代でもまかなうことが出来ない月もありました。

 

それでも、外に働くことによって、私の気持ちは楽になっていきました。

 

でも、一番目の旦那さんとの心の溝は、自分で考えていたよりも深く、それから7年後、離婚することになります。

 

 

 

育児ノイローゼで苦しかった時、私は何度も何度も思いました。

 

 

「時間を巻き戻したい」

 

 

苦しすぎて、育児から逃げ出したい自分がいたからです。

 

でも、そんなこともできるわけがありません。

 

毎日泣いては、出来ないことを何度も願い・・・の繰り返し。

 

本当に辛い1年でした。

 

 

でも、そんな中で、ひとつの結論に辿り着きました。

 

 

子供がいる現実を受け止め、無理なく自分にできる最低限の育児でいい。

 

他のママみたく、可愛がれなくてもいい。

 

最低限やればいい。

 

それだけは、この子が大人になるまでやろう、と。

 

最低限の子育てだけを自分に課しました。

 

 

そう心に刻んだら、少し気持ちが楽になったのです。

 

 

きっと自分を責めるのをやめたんでしょうね。

 

なんで私は、子供を愛せないの?!

なんで私は、育児を楽しめないの?!

 

もしかしたら、私の中に「理想の母親像」があったのかもしれません。

 

 

今の私なら、そんなに辛ければ好きなだけ実家に帰っちゃえばいいのに~って、思いますけど、あの時の私は、甘えることを許さなかったんだと思います。

 

 

そんな過去を思い出しながら、今日の長男の卒業式は、私の卒業式のようでした。

 

 

 

あの時、

 

 

無理なく自分にできる最低限の育児でいい。

 

他のママみたく、可愛がれなくてもいい。

 

最低限やればいい。

 

それだけは、この子が大人になるまでやろう、と。

 

最低限の子育てだけを自分に課したこと、

 

やりきったよーーーーーーーー

 

 

書きながら、なんだか泣けてきます。

 

あんなに辛かったこと。

 

あの時は、永遠に続くように感じて、さらに辛かったな・・・

 

 

自分の過去の闇も今では受け止められます。

 

今日はなんだか考え深い一日でした。

 

 

今日から、私も長男も、それぞれ新しいスタート。(2016年3月現在)

 

長男、おめでとう

 

 

そして、世の中のお母さんをしているあなたへ。

 

本当に、本当に、お疲れさまです^^

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索